生涯年鑑 工樂松右衛門 公式サイト
西暦 年号  
1743年 寛保3年 宮本松右衛門、播州髙砂に生まれる
1758年 宝暦8年 高砂から、兵庫の津に出て、回船問屋御影屋に
船乗りとして奉公する
1784年 天明4年 松右衛門二世生まれる
1785年 天明5年 松右衛門帆を発明する
1789年 寛政2年 松右衛門幕府の命により択捉の築港を命じられ、
蝦夷地に渡る
1794年 寛政7年 その後屡々命を奉じて択捉に往復し、遂に波止場を
完成させる
1802年 享和2年 幕府より松右衛門の功績を賞し、工樂の性を賜り、
名字帯刀をゆるされる
1804年 文化元年 北海道函館に私費を投じてドック(船択場)を建設、
後に高田屋嘉兵衛に譲る
1808年 文化5年 故郷高砂の港の、船の往来を容易にするため、
私費で浚渫工事にあたる
1810年 文化7年 高砂港の築港完成
1811年 文化8年 福山藩の依頼により、鞆の港の波止場改修、築港を手がけ、
完成させる
1812年 文化9年 工樂松右衛門(70歳)歿す
1819年 文政2年 酒井忠實工樂松右衛門二世に命じて宮本新田の開発を命ず
松右衛門二世、高砂木場港を築造
1820年 文化3年 関連の出来事:勤王家菅野白華高砂に生まれる
1850年 嘉永3年 二世松右衛門没す
1863年 文久3年 三世松右衛門高砂港大改修
1881年 明治14年 三世松右衛門没す