活動紹介 工樂松右衛門 公式サイト

工樂松右衛門の業績、その活動の範囲は多岐にわたります。勿論、船乗りとしての活動とそれに伴う業績が中心になりますが、築港に関する様々な工夫や、発明は、江戸時代を代表する科学力、技術力の事例集として、もっと評価されてもいいのではないかと思われます。

工樂松右衛門略歴2 写真

工樂松右衛門略歴2

工樂松右衛門略歴1 写真

工樂松右衛門略歴1

築港に必要な船の開発

当時の築港に当たっての重要な課題は、船が港に近づけるよう、海底に堆積した土砂、大小の石を取り除くことでありました。その困難な水中での仕事を容易にするため、松右衛門が果たした工夫の智恵は、まさに目を見張るものがあります。港の建設に関する土木工事に、多くの作業船が工夫され、使用されました。その実際は、江戸時代後期の農学者大蔵永常の『農具便利論』に図示、説明されています。松右衛門が考案した船に以下のような名前の船があり、図面も表して紹介しています。これらは、日本の土木学会においても評価されており、今日の土木工事に使われる工具の先駆けにもなっています。

・ろくろ船
・土砂積船
・底捲船
・石釣船
・杭打ち船
・鋤簾船 等

石釣船の図

石船、砂船図
『農具便理論下』より 石釣船、石船、砂船の図抜粋

その他、築港に不可欠な機器の使用方法、工事の仕方まで詳細な解説がなされている。これらは、現在の港湾工事に使用されている器械の原型とも言えます。

新田の開発

領主酒井忠實より、高砂の浜を埋め立て、新田の開発が二世工樂松右衛門に命じられるが、この時にも松右衛門一世が開発した多くの土木工事器械が役立ちました。

築港

「工樂松右衛門とは」のページで紹介したように、松右衛門故郷高砂の港の浚渫、修復のみでなく、全国にその築港の痕跡を残しています。

1) 択捉島の有萌湾の紗那港
2) 函館の港
3) 広島県 福山の鞆
4) その他、いくつか港の築港に対する依頼に対して、実現しなかったものの工事図面は残されています。

望遠鏡 写真
松右衛門がエトロフ島紗那港の
築港の際に使用した望遠鏡

帆布の改良、発明

江戸時代の海運の発展に大きく貢献したのが、松右衛門の開発した帆布です。松右衛門が工夫し、丈夫で船の操縦性に優れ、且つ、それまでの刺し帆と言われる幅約1尺(30㎝)の薄い木綿の布をよこに3枚つなぎ、それを2枚重ねて横方向に太い木綿糸で刺しを入れる面倒な作り方ではないので、太い木綿糸でたて、よこ2本ずつで織った松右衛門帆は、便利で、急速に広まりました。

しかし工樂松右衛門の松右衛門帆たる所以は、単に竪(たて)糸2本、緯(よこ)糸2本で織っていることではありません。大きな千石船に使用するため、長い帆布を左右つなぎ合わせて、その隙間を風が通ることによって、時化の時の風の抵抗を少なくするという工夫がなされていることにあります。そのつなぎ合わせる部分に独特の工夫が施されていて、丈夫につなぎ合わせられるようにしているのです。

それを知った当時の船頭達は、「松右衛門が工夫、開発した帆」を賞賛し、それを「松右衛門帆」と称して自らの船に進んで使うようになりました。松右衛門は、自ら創製した帆布「松右衛門帆」の織布の製法を独り占めすることなく、広く船頭や船主仲間に伝承したため、その評判が全国に広まり。北前船に多く使用され、交易の発展に多いに尽くしました。

輪島市上時国家保存 松右衛門帆 写真
輪島市上時国家保存松右衛門帆

荒巻鮭

蝦夷、松前で沢山とれる鮭を何とかして上方にまで、長持ちさせて運ぶ方法を考えた。鮭の内臓を取り除いて、十分に水洗いをしてから、薄い塩をまぶして一匹一匹わらに包んで運ぼうと。そしてそれを運ぶときは早舟を用意して上方に運びました。