ゆかりの地 工樂松右衛門 公式サイト

択捉島に船着場を建設

天明4年、松平越中守定信が老中に任ぜられると、北方の千島、東蝦夷の警備に力を入れるようになりました。そして蝦夷地との交易を盛んにするため、択捉島に大きな船の停泊できる波止場を建設するよう、その工事担当者を探させたのです。その結果、大坂町奉行を通じて兵庫の津一の廻船問屋北風荘右衛門の推薦により、当時の宮本松右衛門に白羽の矢が立ちました。

そこで幕府は松右衛門を江戸に招いて直接択捉(恵登呂府)に港(船着場)を建設することを命じました。松右衛門は1790年(寛政2年)5月、持ち船の八幡丸に幕府の吏員を20名や工事作業員、さらには工事用の器具、用具を乗せて択捉島の有萌湾に向かいました。そして島に上陸し、紗那・有萌川の河口に適当な波止場建設場所を見つけました。そして湾底にある大きな石の除去に取り掛かりました。

現在の択捉島有萌湾の姿 写真 北方領土と択捉島 写真
現在の択捉島有萌湾の姿
(2008年ビザ無渡航で撮影)
北方領土と択捉島
 

しかし厳しい北方の島の冬は早く訪れ、極寒の烈しさは工事の進捗を不可能ならしめたため、その年の10月、一旦は帰航しました。幕府は、その労を慰め、取りあえずは金参拾両を松右衛門に与えた、という文書が残っています。翌年寛政3年3月、再び択捉島に渡って工事を継続、それ以後4年間渡航を重ねて船着き場の建設に努め、ついに1795年(寛政7年)、択捉島に船着き場(波止場)を完成させました。

こうした功労により、1802年(享和2年)、松右衛門の功績を賞して幕府から「工楽(工《たくみ》を楽しみ、そして工事を楽しむの意)」の姓を与えられました。

現在の択捉島有萌湾 有萌川の河口 写真
現在の択捉島有萌湾 有萌川の河口(北海道根室支所より提供)

函館に港(ドック)を築造

1800年代はじめ、江戸幕府はロシアの南下に伴う国防上の問題や、千島諸島や東蝦夷地などの警備に備えるため、最上徳内などに命じて蝦夷地の探検、巡視を命じました。蝦夷地の領有を進め、積極的な交易を進めるため、航路の開発、整備が急務となっていたのです。蝦夷地は松前藩により支配されていましたが、享和2年に幕府は、箱館に奉行所をおいて直轄地としました。

箱館(函館)は、北海道と江戸となど、他の地方の港との交易において松前藩の中でも松前、江差と並ぶ良港として特に昆布の産出する季節には大いに繁盛していました。それにより、交易船や幕府の御用船の修理をする港の建築も急務となっていたのです。しかし箱館には造船場がなく破損、難破船の修理は南の南部や、津軽にまで行かねばならず、さらに小船の往来に便利な掘割もなかったので、享和から文化元年ごろに寄州を埋め立て、掘割を通して造船場を作って船の修繕や新造船を作るよう、御用係からのお達しが出ました。

これについて、安政4年に淡斎如水が記した「箱舘夜話草」の『築嶋』によると、この造船場の作業について以下のように書かれています。「俗にこれを高田屋嘉兵衛というものの築りたりといふは誤りなり。水按に、この嶋を築きし時に、高田屋嘉兵衛は兵庫の松右衛門といふものをつれ来てこれを築かしめたといふ」と。

箱館真景絵図 文久2年(1862年) 写真
箱館真景絵図 文久2年(1862年) 函館中央図書館蔵

権威ある岩波書店発行の土木学会編『明治以前日本土木史』によると、「寛政11年箱館築島船渠(船たで場のこと)の築造に当たり、彼はこれを担任し、印南郡石の宝殿山に産する耐火石を彼の持ち船に積み、箱館に渡航し、船渠築造に使用し文化元年竣成せり。時に年62歳なり。」と書かれています。松右衛門はその造船場の建築に自分の財を費やして、箱館にドック、つまり船たで場を作ったのでした。船たで場とは、船底を虫に食われ、その虫によって腐朽するのを防ぐために船を浜に引き上げてそこを焼く場所(広辞苑による)のことですが、そのたで場に、耐火性に強い高砂の“石の宝殿”に産出する“竜山石”を運んで使用しました。

その後松右衛門は、択捉開発や蝦夷地交易に使ったこの箱館の地所を、高田屋嘉兵衛に譲ることになります。

箱館真景絵図 慶応4年(1868年) 写真
箱館真景絵図 慶応4年(1868年) 函館中央図書館蔵

工樂松右衛門と広島県鞆の浦の改修工事

山陽新幹線の福山駅からバスに乗って約30分、瀬戸内海に突き出た沼隈半島の先端部にある鞆の浦は、古代より潮待ち、風待ちの港として万葉集にも詠まれた要港でした。

江戸時代になって朝鮮通信使の一行が再三寄港し、その景観を「日東第一形勝」とたたえたことでも有名で、藩客接待の海駅でありました。

現在の鞆港 写真 松右衛門が築いた船番所波止 写真

<現在の鞆港>
左端に常夜灯が映っている。港の向こうに見える防波堤が松右衛門の造った波止

松右衛門が築いた船番所波止

また江戸時代に、北前船の寄港地となった鞆の浦は、波浪による損壊が進み、工樂松右衛門が福山藩主の懇請により1811年(文化8年)、68才(2年後に歿)の時に、船番所波止の修築と延長工事を実施しています。このとき描かれた図面には、後に造られる波止も既に加えられており、松右衛門は鞆の港全体のマスタープランを念頭において工事にあたったことがうかがわれます。

松右衛門と同世代である備後の文人菅茶人は、「鞆浦石塘記」のなかで、松右衛門のこの業績を讃えており、その鞆の浦の波止は、今なお港を守り続け、往時の景観を保っています。

多くの船で賑わう明治初期の鞆港 写真
出典:雑誌「港湾」 昭和3年(1928)11月号

多くの船で賑わう明治初期の鞆港 写真
多くの船で賑わう明治初期の鞆港